猫知識

仔猫を家族に迎える方法は?ペットショップ以外の購入方法は?

投稿日:

 

子猫を家族に迎えようと思っている方はペットショップで購入しようと思っている方がほとんどだと思います。私もそう思っていました。

犬も猫も買うならペットショップという気持ちがあり、飼おうかどうしようか悩みながらいろんなペットショップに見に行っていました。

でも少し立ち止まって考えてみてもいいと思います。ペットショップ以外にもペットを家族に迎える方法はありますよ。

譲ってくれる場所/販売場所

ペットショップ

日本では現在ペットショップで購入するのが一番主流ですよね。ショッピングモールやホームセンターにいってもたくさんのペットたちがガラスケースに展示されています。

見ている分にはとても可愛くて癒されますが、生体販売には反対されている方も多いですね。私もブリーダーで購入した派ではありますが、今となってはあまり良くは思っていません。

ペットショップもまさに命を販売しているわけで、早くに親と離されて可哀そう、売れなかった子はどうなるのか、悪質なブリーダーが・・・など色々な問題があるという面もあります。

また小さい頃から一人にされることで、猫同士の社会を学べなくなります。これにより噛むときの加減などを学ぶことができずに、その後の教育が大変になる可能性もあります。

あくまで選択肢の一部としてはあるとは思うのですが、保護されている猫や譲渡等の選択肢もあるということを事前に知っておくのもいいと思うのです。

 

保健所/公共の保護団体

公共の保護団体が各地に設置されており、ペットの保護活動者や自宅で飼うことが難しくなったペットなどを橋渡ししているところもあります

例えば以下のような施設が各地域に設置されています。

いたばしく ワンニャンバンク

板橋区では、犬や猫をやむを得ず飼えなくなった方・飼い主のいない猫等を保護をしている方と、飼育を希望する方との橋渡しをされています。

注意事項など条件をよく確認の上、条件があった場合は申し込むことができます。条件は基本的にペットを飼う上での最低限の常識的なことしか記載されていません。

条件で当てはまらなかった人はペットを飼う生活に向いていない可能性が高いため、「じゃあペットショップで飼おう」ではなくペットを飼うことを諦めるということも選択肢にいれたほうがいいかもしれませんね。

残念ですが、条件に当てはまらない方は「まだその時ではない」ということかもしれませんよ。

 

猫の写真などがホームページに随時掲載されるような形になっていますが、今現在の猫の登録数は0匹のようですので現在は譲り受けできません。(2019/05/30)

埼玉県の犬猫の譲渡

こちらも譲渡用掲示板などから募集中のペットを確認することが可能です。譲渡には条件がありますので、よく説明を読んだうえで応募しましょう。

現在譲渡募集中の猫ちゃんもいるようですので、ペットを迎えようとご検討中の方は是非ご確認ください。

東京都動物愛護相談センター

東京都福祉保健局です。ワンニャンとうきょうというサイトで譲渡に関する情報を確認することが可能です。

こちらは事前講習会に出向いて、譲渡講習会を受けて条件に合う方は譲渡いただくことが可能です。

しかしながら講習時にすべての書類を持参しなければならないことや、キャリーの準備がすぐに必要だったりかなり本気の条件が求められます。(いや当たり前ではあるんですが)

気のせいかもしれませんがちょっと検討したいので見てみようレベルの人はお断り・・・といった雰囲気を感じます。

更に講習会は日野市、世田谷市のみのようなのでお近くの方が対象になりますね。

お近くでない方は民間の団体もありますので、そちらで検討してみるほうがいいかもしれません。

公共の保護団体とはいっても、たくさん活動されているところがありますよね。

保健所や保護施設はペットショップとは違って、少し汚かったりキラキラしたようなところではないところも多いと思います。

それなりの覚悟をもって望まないと心が折れてしまうこともあるかもしれません。保健所などから譲渡を受けることは望ましいことですが、猫初心者には少し難易度が高いかもしれませんね。

見るだけでも構わないと思うので、ペットショップで見る前に一度知っておくだけでもいいと思います。自分の中のハードルを下げましょう。

できれば1度で諦めず何度か訪問していただくことで、なにか気持ちの変化もあるかもしれません。

興味がある方はお住いの地域+保健所 などのワードでネット検索してみてください。

 

その他にも「猫の民間保護施設」、「里親募集の掲示板」、「知合い方譲り受ける」、「ブリーダーさんから譲ってもらう」などの方法があります。

こちらについては次回の記事へ続かせていただきます。

保護団体等には比較的気性の荒い猫ちゃんもいると思うのですが、猫は慣れるまでに時間がかかると思います。

今はつれない態度でも、「この飼い主さんは安心できるな」と思うと、とっても可愛い猫に変身する薬を飲むんですって。一度「シャー!!!」と怒られたからといって猫初心者さんはめげてしまいがちですが、そこで諦めないことがきっと重要なんですね。

保護猫でも子猫は比較的、猫初心者さんでもとっつきやすいと思います。行き場の失っている子猫が保護されていたら、これから猫を飼おうと思っている方は助けてあげることも視野に検討してみてくださいね。

 

 

-猫知識
-, , , , , , ,

Copyright© そらにゃんはノルウェージャン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.