企画

猫を撮影するときはカメラの〇〇を上げると綺麗に撮れる。

更新日:

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへこのエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは、カメラ初心者のそらママです。毎日そらや子供の写真を撮っていますが、カメラの撮影方法が全くもって分かっていません。ただ、標準状態でカメラのボタンを押すだけの日々。そらが動くといつも写真がブレブレでどうしてものやら・・・、と思っていましたが「シャッタースピード」を上げれば動いている対象もぶれないようになるって本当ですか?

そもそもシャッタースピードってなに?

シャッタースピードとは・・・

シャッタースピードとは、シャッターが開いている時間のことです。
シャッタースピードは1秒、1/2秒、1/4秒・・・1/250秒、1/500秒のように表します。
シャッタースピードを速くすると、光が撮像素子にあたる時間は短くなり、シャッタースピードを遅くすると、光が撮像素子にあたる時間は長くなります。

つまり、シャッタースピードが速いほど動いている被写体をブラさずに写し止めることができ、手ブレも少なくできます。
逆に、シャッタースピードを遅くすることで、水の流れなど被写体の動きを表現することができます。
シャッタースピードを変えると、被写体の動きを写し止めるか、動きを表現するかをコントロールすることができます。

ニコンイメージングより引用

シャッタースピードを早くすれば手ブレは少なくなると説明に書いてありました。シャッタースピードは早くすればするほどいいんですね!なるほど!とここでは思いましたが、どうやら違うようです。

私はスマホ「HUAWEI P20 lite」を利用しているのですが、レンズが二つもついておりカメラの性能がいいことで有名なスマホです。もしかしてシャッタースピードとかついてたり・・・ついてるー!すごい。

さっそく早ければ早いほどいいよね。ということで最大の1/4000にシャッタースピードを設定しました。

なんだこりゃ、全然見えません。どういうこと?

先ほどの説明をよく見てみると「シャッタースピードを速くすると、光が撮像素子にあたる時間は短くなり」・・・あ。

これは部屋が暗いということですよね、普通の照明程度の光では1/4000のシャッタースピードには耐えられないということなのか、それともカメラが悪いのか。

「シャッタースピードを上げると写真が暗くなるのはなぜ?」

暗い場所でシャッタースピードを上げてとるのは、とても難易度が高いようです。ただ単純にシャッタースピードをあげてとると上記のような写真になるようですね。

これを明るくする手段としてはISO感度というものを上げるという手段があるらしい。なんと私のスマホにもはISO感度という設定がありました。すごい・・・。

しかし、ISO感度を限界まで上げても画面は暗いまま。これはもう限界を感じますね。

ISO感度とは・・・

暗い室内などではシャッタースピードが遅く、手ブレや被写体ブレが発生してしまうことがあります。しかしISO感度を上げれば、シャッタースピードを速くしてブレを抑えることができます。「暗いシーンでISO感度を上げるとよい」と言われるのはこのためです。
ISO感度は撮影者が決めることも、カメラが自動的に決めるようにすることもできます。

ニコンイメージングより引用

へー、そうなんですね。しかし、部屋が暗すぎるのかうまく撮影できません。

わけわからず操作しまくるともう救えない感じに・・・。青くなってきた(;´Д`)

ああ、でも確かにブレていません。

シャッタースピードをだいたい1/1000くらいまで落としてみると、結構明るくなりましたね、そして止まって撮れています、そこだけは感動!

シャッタースピードを上げる場合は、光で照らして撮影するか。もしくは日光が出ているときに明るい部屋で撮影するのがいいということでしょうね。

だから写真を撮るときに照明さんがついているのかな?カメラはやはり難しいですねー(;´∀`)

 

そら
勉強が足りないね!

 

 

▼いつも訪問いただきありがとうございます(*´ω`*)

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ

 

 

 

-企画
-, , , ,

Copyright© そらにゃんはノルウェージャン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.